トラックドライバーの求人のメリット

地理の知識や高い運転技術が身につく

トラックドライバーの仕事のメリットは、地理や道に関する知識が身につくことです。トラックの運転を続けていくうちに渋滞を回避する方法や道路が混雑していない時間帯などの知識が自然と得られます。自分が住んでいない地域の交通事情にも詳しくなれるでしょう。長距離を運転するトラックドライバーは、東北や九州、四国など、日本のあちこちに仕事で行くことになります。日本各地の地理に詳しくなれる他にも、その土地ならではの光景や文化にも触れることが可能です。配達先では休憩時間があるので、地元の名産品を使った食事も楽しめます。業務が同じ作業の繰り返しでなく、変化や刺激を求めている人に向いている仕事です。

運転技術が向上することも利点の一つです。毎日のようにトラックを運転するので、普段乗っている自動車の運転も上手になります。特にトラックドライバーは事故を防ぐために、安全確認をするように指導されます。安全確認する習慣が身につくので、プライベートで運転する際にも、事故を回避する技術が発揮されるようになるのです。また、未経験者歓迎という求人も多く、トラックを運転したことがない人でも働きやすいです。免許があれば始められる仕事なので、異業種から転職して働くケースが多く見られます。

人と関わることの少ないトラックドライバーの仕事

トラックドライバーは、業務のほとんどを一人で行う仕事です。そのため、他人と関わることが少なく、コミュニケーションを取るのが苦手という人でも働きやすいメリットがあります。積み下ろしの際には人と接しますが、上司などとの人間関係に悩まされるケースも少なく、ストレスを感じる機会は多くありません。基本的に同乗者はいないので運転中に好きな音楽をかけたり、ラジオを流したり、ある程度の自由を確保しながら仕事に取り組めます。時間の自由度も高いのも特徴です。午前中や午後といったように時間指定が広く取られている場合が多いので、出勤時間をづらしたり、適宜休憩を取ったり、時間に融通を利かせながら働けます。

需要が高いこともトラックドライバーの長所として挙げられます。オンラインショッピングの増加により、トラックドライバーは人手不足となっており、今後仕事がなくなる心配はないでしょう。中型、大型免許を取得すれば仕事の幅が広がり、年収アップも期待できます。免許取得に補助を出す会社も多く、フォークリフトや危険物取扱免許が取得可能な場合もあります。学歴よりも免許が重要となる仕事なので、免許を持っていれば安定して働くことができ、転職も有利になるでしょう。

ドライバーの募集は運転経験が豊富なベテランが優先されるイメージがあります。しかし、軽トラックやワゴン車などの小型車両は普通自動車免許で運転できるため、未経験者でも仕事に就くのは難しくありません。