タクシードライバーの求人のメリット

マイペースに働きやすい

タクシードライバーの仕事は、仕事開始時と終了時に営業所に立ち寄らなければなりませんが、それ以外の時間は比較的自由に使えます。その日のお客さんの流れであったり、自分自身の体調などと相談しながら、仕事に集中する時は集中し、休息を取りたくなった時は休むことができます。自分の仕事のペースを、自分自身で決めることができるのです。人間関係などのストレスを抱えることも少なくなります。そして、頑張って仕事をすれば、その分の見返りはきちんと手に入るようになっています。基本的に、基本給プラス歩合給となっているため、頑張った人はどんどん給料がもらえるような仕組みになっているのです。

労働環境ついても、タクシー業界は残業がほとんどなく、良好と言えるでしょう。日勤や夜勤の交代勤務制としている会社や、隔日勤務としている会社があり、自分や家族のライフスタイルに合わせて選ぶことができます。隔日勤務の場合は、丸一日働いて、翌日は休みというスタイルのため、慣れるまでは大変に感じるかもしれません。しかし、丸一日働いている間も、休憩時間や仮眠時間などがしっかりと取られているため、リズムに慣れてしまえば、休日にはプライベートの時間をめいいっぱい楽しみ、メリハリのある生活を送れるようになってきます。

タクシー業界はとても受け皿が広い

人手不足の波はタクシー業界にも押し寄せてきています。タクシー会社では人材確保のため、未経験者でも仕事をしやすいように、それぞれの会社で様々な工夫がされています。入社した際に手厚い教育研修が行われたり、資格取得のための支援を行っているところも多くあります。未経験の状態で入社しても、しっかり学ぶことができて、そのまま即戦力として働きだせるような仕組みが作られている会社も多いのです。また、研修期間中の給与保証を行っている会社もあります。養わなければならない家族がいる人にとっては、とても有難い制度ですよね。このように、教育体制が整っており、働き方も見直されているタクシー業界では、安心して働き続けることができると言えます。

タクシー業界では、介護タクシーや観光タクシーなど、タクシーにプラスアルファの要素を組み合わせた業務も行っている会社もあります。そのようなところでは、前職で培った介護のスキルや、英語などの語学スキルを活かしながら活躍することができます。このような業務で自身のスキルを活かそうと、異業種から転職してくる人もいます。未経験からでも、異業種からでも転職しやすい、とても受け皿の広い業界と言えるでしょう。

運転手といえばトラックドライバーを連想しがちです。それ以外にも会社の役員付運転手、医療関係に薬を運ぶ運転手など幅広く人や物を届ける仕事があります。運転手の求人を探す時は職種の視野を広げるのが重要です