トラックドライバーの求人のデメリット

応募条件が厳しい会社が多い

トラックドライバーの求人のデメリットですが、応募条件が非常に厳しい会社が実は少なくありません。人手不足に悩む運送会社は、特に即戦力を求めています。過去にトラックドライバーとして長年勤務した経験がある人材に限り、雇用するという企業も珍しくはありません。物流業者は深刻なドライバー不足に悩んでおり、高い年収と安定した雇用条件を約束する企業が増加傾向にあります。その一方でドライバーとしての勤務経験が少ない若者や過去に正社員として働いたキャリアが無い方々などは、即戦力にならないとシビアに判断されやすいです。応募条件をクリアを出来なければ、当然ですが雇ってもらう事は困難です。特に大手企業のドライバー求人の場合だと運転技術や体力に自信があれば採用されるわけではありません。

若い世代が経験ゼロからトラックドライバーとしてキャリアを積もうと求人を探しても、そもそも未経験歓迎の求人がない、というデメリットがあります。また高待遇で若者を歓迎する物流業者が増えてきている一方で、学歴や職歴や所有する資格や免許などが厳しく求められ始めています。人手不足に悩む大手企業ほど即戦力を求め、新卒の若者よりも中途採用者の募集に力を入れているのが現状です。

勤務先によって働き方や待遇はピンキリ

勤務先によってドライバーの働き方は変わります。個人事業主に近いマイペースな勤務スタイルが選べる会社もあれば、いわゆる普通の会社員のように勤務時間が厳格に定められた企業もあります。当然勤務する形が変われば、それに合わせて待遇も変化します。フリーランスに近い勤務形態だと、仕事のありとあらゆる面で自己責任が求められます。努力すれば短期間で高報酬が得られる反面、安定した給与や待遇が得づらいのがネックです。良いも悪いも本人の努力次第になりやすく、また景気動向によっては、いくらドライバー本人が頑張っても報酬が減りやすくなります。

一方、一般的なサラリーマンのように働く勤務形態は経済的に安定します。就業時間が決まっているため、プライベートの予定が立てやすく家族や恋人との時間が大切に出来ます。その反面、個人の努力が報酬に反映され難いのがデメリットです。例えば人一倍、大量の荷物を毎日運搬しても、特別な手当が加算されるわけではありません。あくまで普通のサラリーマンのように、決められた月給と基本的な手当が受け取れるだけです。いわゆる繁忙期になると、仕事量が非常に多くなります。それにもかかわらず月給は閑散期と同等なので、仕事量と報酬が一致せず、モチベーションが下がるかもしれません。

ドライバーは時間の融通がつけやすいことや人間関係のわずらわしさがないことから女性にも人気の仕事です。運転好きな女性にもドライバーの転職はおすすめです