トラックドライバーの求人が向いている人

長時間の運転が苦にならない

トラックドライバーは基本的に長距離の運転を行う場合が多いです。特に大型のトラックドライバーでは、火をまたぐことも珍しくないため、長時間の運転が苦にならない人に向いています。ドライバーが運転するトラックにはいくつかの種類が存在します。大型トラックや中型、小型などトラックの大きさや積載できる荷物の重量などに違いが見られます。主に大型トラックのドライバーの場合、積載できる荷物の量が多いため長距離の移動がほとんどです。長距離の運転のため慣れるまでは大変ですが、大型トラックのドライバーは他のトラックドライバーと比べ給料が高い傾向があります。休憩は各サービスエリアなどで自由に行えるため、仕事に慣れてくると自分のペースで運転を行うことも可能です。もしも長距離や長時間の運転に自信がない場合には、小型や中距離のトラックドライバーを選ぶといいでしょう。特に小型ドライバーは勤務時間が決められていることが一般的なため、長時間の運転はほぼありません。長時間の運転も苦にならず、少しでも高い給料が欲しいと思う人は長距離ドライバー、長時間の運転に自信がない人は中型や小型ドライバーといったように、自身の運転スキルに合わせて選ぶことも重要です。

一人で自分のペースで仕事がしたい人

トラックのドライバーは基本的に一人で運転するため、一人で仕事することが苦にならない人に向いています。業務内容のほとんどが運転となるため先輩づきあいもなく、職場での人間関係に煩わしさを感じる人や人付き合いが苦手な人でも安心して働けます。また長時間、長距離の運転を行うトラックドライバーですが、サービスエリアなどで自分のペースで休憩を取ったり仮眠を取ることも可能なため、一人で自分のペースで仕事を行える点もメリットです。ただし、長距離の運転は体力も必要となるだけでなく夜間の運転は眠気との戦いになります。特に一人で運転していると話し相手もいないため、気分転換のためにラジオや音楽を聴きながら運転を行う人が多いです。休憩や仮眠は自身の判断で行わなければいけないため、自身の体力と相談して早めに休むこともドライバーには必要です。トラックドライバーは運転が好きな人や一人で仕事を行いたい人には多くのメリットがありますが、長時間の運転を行わなければならない、休憩や仮眠の時間の自己管理をしなくてはならないなど注意する点も存在します。これらの特徴をふまえた上で、自身がトラックドライバーに向いているかどうかを検討しながら求人を探すといいでしょう。